読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナマケロッ!

スイスイス~ダラダッタな生活を綴っていきます

夫が会社を解雇された。。。

f:id:namakero4:20170322183002p:plain

ナマケロです

夫が今、会社をクビになった


この半年、持病で入退院を繰り返していた
最後の入院後、本人もやる気だったし大丈夫と思った
でも、数日経つと早退したり、遅刻して行く事が増えた
会社には「遅れていきます」と電話してた
私が仕事から帰ると「休んだ。。。」と言われる日々が続いた
そのうち最初から「休ませてください」となってしまった

今までの病気の様子とは違う
ちょっとしたことができなかったり、物忘れがひどかったり
ご飯食べなかったり、ずっと眠たいと言ったり。。。
私はお医者さんではないけれど、鬱の症状ばかりだよね
夫には言わずに、持病の主治医へ私1人で相談しいった
今の病気との兼ね合いもあるからひとまず様子を見ようと話しあった

帰ると「課長(夫の会社の)が電話してって」と言われた
正直、『ああ、とうとう来たな。。。』と思った
電話をすると私も含めて、早急に話がしたいと言われた

そして、今、さっき課長が仕事帰りにわざわざうちまで来てくれた
スパッと、「会社都合の解雇にしたい」と

私の中で、もちろんショックもあったけど、スーと荷が下りたような気分にもなった

私自身の仕事は休みにくい仕事だ
1日の仕事のノルマが決められているので
私が休めば、他の人がその仕事がしなければならない

だから夫が休むのが嫌だった
それは、単に給料が減るのが嫌なだけでなく
他の方々に迷惑をかけていることが気がかりだったのが大きい

でも、夫が辞めれば他の従業員を確保でき、みんなが楽になるもんね

 

そして、課長が解雇にしたいと言ったのは夫のことを考えてだ!
夫の会社では、自己都合で辞めるのと解雇では退職金が大きく違うらしい
課長は、夫が損をしないよう、上司、社長、会長まで話を通してくれていた
他にも色々と調べてくれ、たくさんの資料を次から次へとテーブルに並べ、細かく説明をしてくれた
それは、夫にとって一番いいように課長なりに考えてくれた内容でだった

本当に、ありがたい
夫はもちろん、私や子供のことまで考えてくれて、
いろいろと動いてくれて申し訳ない気持ちでいっぱいになった

その場ではがんばって泣かなかった
解雇と言われて悲しくて泣いてると思われたくなかったからだ!
だって、私が涙が出そうになったのは、課長のその気持ちと行動がうれしくてだから

その時の気持ちを忘れない為に、
今後どうしていくかしっかり考えられるように、
今、たくさんたくさん泣きながら、これを書き残す

よし!これからだ!

 

以上ナマケロでした