ナマケロッ!

スイスイス~ダラダッタな生活を綴っていきます

先輩ママから聞いた『子供の進路』への考え方が目からウロコだった!

f:id:namakero4:20160728211250p:plain

ナマケロです

昨日はね、子供の個人懇談があったのね
時間通りに教室前に着いたら、2人のお母さんが待ってる状態
『長引いてるのか。。。』とがっかり
って、そのお母さん方が椅子の前で立ち話してさ、座れないー!
仕事帰りで疲れてるから座りたいのにさっ!!
なにより、最上階にある教室の廊下は日当たりが良すぎて死ぬほど暑い
しょうがないから廊下の凹みに身を潜めてた。。。ダメだな

暇なので金曜日にダウンロードしたPokemon GOを起動してみる
懇談前にPokemon GOしてる母親。。。ダメだな

が、なんか動かないので、2人のお母さんの会話に聞き耳をたてる
「男の子なら◯◯中学がいいんじゃない?」とお受験のお話をされてた
この前、中学受験について書いたけど、やっぱ多いのかな?

namakero4.hatenablog.com
ママ友が少ない私には全く分からない
ってか、5年生にもなるけど、このお母さん方が誰かも分からん。。。ダメだな

と、前置きが長くなってしまいました、すいません
私のダメ母ぶりを言いたいのではなく、ここからが本題


待っている間、幼稚園から一緒のAさんがやってきた!
とっても気さくで、私のようなものにも声をかけてくれ、
『起業すれば絶対儲かる社長になれる!』と、私が勝手に思っているお方!

待ち時間に「塾行ってる?」という何気ない話から、3児のママAさんに
『子供の進路』について、いいお話を聞けた!
私には考えもしない体験談を教えてもらったので書いてみる

先輩ママから聞いた子供の進路の考え方

Aさんちは、長男の高校生君、次男の中学生君、うちと同級生の三男の小学生君の、
男の子3人兄弟がいます

ちなみにうちも、Aさん家の小学生君もまだ塾には行ってない
「あと2年で中学生だよねー」って話から、今年受験の次男の中学生君のお話になった

ここぞとばかりに、今後多分うちも行くであろう塾情報を探ろうと私にゲスい考えがw

きっと行ってるだろうと思いながらも「中学生君は塾行ってる?」と聞いてみた
そしたらびっくり「行ってないよー」との返答が!
『ああ、きっとすごいできるのね』と思ったら、そうではないらしい

中学生で塾に行かない理由

まず、長男の高校生君の高校受験の時は『やっぱり公立行ってもらわないと。。。』と思っていたんだそう
うんうん、うちもそう思ってる、私立=お金がすごいかかるって思ってる
あと、よく分からんけど『私立より公立の方がいい』という変なイメージがなんかある


でもね、うちの周辺の公立って入るのがとても難しくなってるのが現状らしい
あと、ちょっと離れてしまうと、通うのも大変だよね
で、結果、高校生君は私立の高校に入学したそうなんですが、
入ってみると私立の良さが分かったんだって!

私立高校のメリットは意外と大きかった

私立となると、人気になってたくさんの生徒に入学してもらわないといけないよね
その為、進学率をアップさせたり、就職率を上げたりとか、すごく頑張ってくれるそう
だから、高校生君は、夏休みに入ったのに、補習で毎日学校に行くんだって
まあ自習的なものらしいけど、それでも家にいるよりは勉強するよね
もちろん、追加料金なんてかからない
これが、公立だったら塾代かかるよねー、しかも高校生になるとさらに高い!

で、次男の中学生君が塾に行かないのは、

塾行ってレベルを上げる
                   ↓
頑張って難しい公立高校に受かる
                   ↓
高校入っても、レベルをキープする為また塾通い。。。

となってしまっては、『頑張って公立入っても私立行くより高くかかるし、大変じゃーん』って思ってのことなんだって

もちろん、高い安いとお金だけで決めるもんじゃないよ
私立と言っても、いろいろあるしね
あと、子供の実力や土地柄によっても、この考えがすべて正しいとは言えないだろう

でも、こういう考えもあるって知ることで、私は自分の考えが広がった
公立だけじゃなく私立についても、しっかり調べてみようと思った!
もちろん、真似する訳じゃないけど、いろいろ知ってて損はないよね

何より、中学になったら塾に行かなきゃいけないって思わなくてもいいんだ!


受験や進路についても、時代によって様々変化しますもんね
だから、今を知る先輩ママの体験談はとてもありがたいものでした

ま、私自身、親に相談することもなく、適当に高校受験をした割には楽しく過ごせた
でも、万が一子供が迷った時の為に、サポートできる為の下準備は、親としてできればしておいてあげたいなと思いました

以上、ナマケロでした